円融至徳の嘉号

 お通夜や葬儀の時に、導師が棺の中に何かを書いたお手紙のようなものを入れているのを見たことはありませんか。
 このお手紙のようなものは『棺書(かんじょ)』というものです。棺書には「南無阿弥陀仏」という御名号や亡くなられた方の法名などが書かれています。
 棺書を棺に入れるのは、真宗の礼拝対象が阿弥陀仏だからです。
 大切な方を亡くされたというご縁の中で、後に残された私たちは「南無阿弥陀仏」の御名号に手を合わさせていただくことで、改めて阿弥陀仏の限りない命と光の中で生かさせていただいていたということに気付かせていただくのです。私たち僧侶が棺書をご遺体の納められた棺に入れさせていただくのはこのためです。

               南無阿弥陀仏

powered by crayon(クレヨン)